着こなしのポイント

キルトスカートの種類

キルトスカートとは元はスコットランドの伝統衣装で、一枚の布を腰にまいてピンなどで止めてスカートのようにして使用されていました。タータンチェック柄というのも特徴です。今では巻きスカート風にしたデザインのものや、二種類のデザインの違った布を組み合わせたもの、ロング丈のものなど種類が豊富にありコーデの幅も広がっています。シンプルな落ち着いたカラーが多くなりがちな秋・冬コーデに取り入れることで、華やかで明るい印象になるため、とても便利なアイテムとなっています。すらっとしたデザインが多く、ボリュームが出がちな冬のコーデでもスッキリとまとめることも出来ます。
また、デザインによっても大きく印象が変わるため、自分の個性を出すことができるのも魅力の一つです。

キルトスカートコーデのポイント

キルトスカートは、ひざ上のかわいらしい印象のものから、大人の印象を与えてくれるロング丈のもの、プリーツ加工がされているものやタイトなものまで豊富なバリエーションがあります。 ロング丈タイプはすっきりしたジャケットやショートブーツなどと合わせることで大人感を演出することができます。トップスも大きすぎない丈を選ぶと足長効果も期待できます。スニーカーやニット帽などと合わせるとカジュアルに着こなすことができます。カラーも合わせることで、スッキリとした印象を与えます。 明るめのカラーがトップスが黒などの落ち着いたカラーではアクセントになり、白色など明るいカラーではかわいらしさを演出することができます。 合わせにくいイメージが多くなりがちなキルトスカートですが、取り入れやすい落ち着いたカラーを選ぶとよいかもしれません。